スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

七五三


ミニコ数え年三歳、チビスケ満五歳ということで、二人一緒に七五三のお参りに行ってきました。

写真は、神戸にいる間に前撮りしたもの。
今年のはじめに、誕生記念でドレス着せようとしたら大泣き大暴れしてできなかったミニコが、半年ちょっとの間に変貌して、着物やお化粧を楽しんでたのにはびっくりしました。
オカンが七五三の時に着た、ミニコの曾祖母が誂えてくれた被布を着せることができたのが嬉しかった。七歳の時には着物も着れるといいなぁ。
チビスケはもちろんノリノリで若殿様気分。

お参りは地元の神社にて。
祝詞の間、参列者があたまを下げる場面で、周りにあわせてミニコも真面目に頭を下げてがんばって静かにしてたのが、オカンとしては嬉しくもあり、可笑しくもあり。。
少しは空気を読めるようになってきたかいな。

二人共改めて大きくなったなぁと実感すると同時に、大人になっても、この写真みたいに仲のいい兄妹であってほしいなと。

チビスケ、5歳になりました。

本日、チビスケ5歳になりました。


5歳。
5歳なんだなぁ、もう。

どんどんチビスケという名前が似合わなくなってきてます。
たまに夜中に成長痛で泣くぐらい背も伸びてるし、シーズンごとにびっくりするぐらい靴と服のサイズがでかくなる。。。

でもまぁ、ありがたいことです。
思いがけずめがねをかけることにはなったけど、先日の検診ではめがねのおかげで視力はぐんと回復していたし、他に大きな怪我や病気もなくここまできたんだもんね。

こないだふとチビスケ誕生直後に撮ったビデオを見返す機会があって、愕然としました。
オカン、優しい!
詐欺だ!と言われてもおかしくないぐらい優しい。。。
そういえば、生まれたてのチビスケが目を開けるだけで嬉しかったことを思い出しました。
そんな姿とはうってかわって、最近はガミガミオカン。。
5歳になって随分いろんなことがわかってきたんだし、オカンもここいらで少しスタンスを変えていかねばなぁ。
生活の基本的なことや危険を回避する術を教える動物的な親子関係から、もうちょっと人間らしい親子関係に成長することがこれからのオカンの課題かなと思う息子の5回目の誕生日です。

ミニコ初めての面接

来春幼稚園入園予定のミニコ嬢。
本日、幼稚園の面接がありました。

面接と言っても、幼稚園の先生達と遊んで適性を観察してもらって、親が園の方針を聞いたり、心配事など相談したりする形式的なものですが。
昨年のチビスケの時とは違って、ミニコは初の3年保育なので、1歳しか違わないとはいえ、現時点でやれることがまるで違う。
チビスケの時は、まぁなんとかなるでしょうと思えたことが、そうはいかないのでドキドキです。
今まであまり感じたことなかったけど、ミニコは一応早生まれなので、同じ学年でもお誕生日の早い子達との差もあるような気がするし。。。

本当に3年保育にするべきだったのかなぁ?という迷いをまだ心のすみっこに消せないオカンをよそに、ミニコは無事もらった入園許可のおかげですっかり園児気分。
その後毎朝、「まだ幼稚園始まらないの?」と聞いてきます。。。


面接が終わってホッとひといき。
クリームパンにかじりつくミニコ。。

羽田空港国際線!

羽田空港国際線オープンのこの日、幼稚園終わりでふらっと行ってみました。
あいにくの雨で、展望デッキから飛行機の離発着を思う存分眺めることはできなかったし、予想通りの人出+かなりの数の報道陣でごったがえしてましたが、オープン初日のおめでたい雰囲気を味わってきました。

思ったよりコンパクトだったけど、ここから世界中に旅立てるのならすごく便利。
海外旅行の予定があるわけでもないのに嬉しくなって、家が近かった時には一度も行けなかった”せたが屋”でつけめん食べて帰ってきました。


はじめての運動会

9日の予定だった運動会が雨天で延びて、この日になりました。
運動会の午後の部の父兄かけっこに備え、数日前からスニーカー新調して密かに朝練までしていたオトンは、残念ながら午後から仕事。
でも、おかげで思いっきり晴れて暑いぐらいのお天気の中、我が家初の運動会楽しんできました。

チビスケはかけっこで1等をとり、ミニコも未入園児かけっこでまともに走ってくれたし、年中さんの大玉転がしではビデオを回しながら、不覚にも号泣してしまったオカン。。
別にドラマチックな展開があったわけでもなんでもないのに、ちゃんと転がせるのかなぁ?お、ちゃんと転がしてるやん。大きくなったなぁ。って思いながら、ビデオのファインダー越しにチビスケを見ていただけなのに、涙が止まらなくなってて我ながらビックリ。
来年、年長になったチビスケの組体操見たら、私はどうなってしまうんだろう?と今からちょっと怖いぐらいです。

午後の部の父兄の競技では、子供たちのものすごい声援を受けつつ、かけっこも綱引きも頑張ったけど、綱引きでは負けてかけっこは3位。
チビスケに「お母さん達、こころをひとつにしないからだよ!」と叱られてしまいました。

運動会終わった時点から、体のあちこちが痛みだし、しばらくどっぷり疲れたけど、でも思いっきり体を動かしたり、思いっきり誰かを応援するのは楽しいもんだね。
来年もきっと笑いあり、涙ありの運動会になることでしょう。

チビスケ、めがね男子になる

チビスケ、めがねデビューです。
夏休み前の視力検査で要検査という紙をもらってきたときは、単に要領を得てないだけだろうと思っていたけど、検査を重ねて出てきた結果は遠視。
それも5.5という…今の日本ではまず本領を発揮できそうにない視力で、メガネが必要ということになりました。

オトンオカンの心配はよそに当の本人はノリノリ。
眼鏡店でもほぼ全てのメガネをかけまくった挙げ句、真っ赤なメガネを選びました。
幼稚園では「博士」と呼ばれ始めて、いい気分になっているご様子。


花鳥園

8月最後の今日は、お休みを利用して私の親友もーり親子と花鳥園へ。

園内にはこんな大きな鳥さん達が放し飼いです。
えさを買えば、腕にとまって食べにきたりもしてくれるんですが、チビミニにその勇気は出ず。
日頃、実家の鳥族に慣れている彼らにも圧倒的な迫力だったみたいです。

お花と鳥とお魚を楽しんだ後は、近くのIKEAへ。
ミニコは一番大きいお兄ちゃんに、チビスケは二番目のお兄ちゃんに手をひいてもらい、おかげでオカンは楽々と歩かせてもらいました。

お兄ちゃんやお姉ちゃんと過ごした時間がとにかく楽しかったらしく、帰宅後花鳥園の話題はほとんどなしw
お兄ちゃん、お姉ちゃんと会って楽しかったね〜とばかり言い合っていた兄妹でした。
そんなわけなので、もーり殿、またよろしくね。