スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

健康第一

年明けから続いていた検査生活をようやく終えることができました。

えっと、何の検査やってん?てことですが、
実は乳がん検診にひっかかっていました。
後厄ももうちょっと!と思った矢先の出来事で、
”ちょっと不安材料が残るから、もう少し詳しく検査してみよう”
と言われることの繰り返しで、最初の頃はショックだったし、
あれこれ考えだすと眠れない夜も結構ありました。

でも本日、おかげさまで、
先生に「大丈夫!」とハッキリ言ってもらうことができました。
嬉しいというよりも2ヶ月間張りつめていた気持ちがとけて、気が抜けました。

この2ヶ月長かった〜!
健康って大事!
身を以て、実感しました。
家事や育児で忙しいと、つい自分のことは後回しにしてしまうけど、オカンこそ、検診をうけなくちゃいけませんね。
ただでさえいろいろ大変な時期に、なんでこんな目に?!って思ったけど、これも何かのシグナルだったのかもしれません。
これからも心身共にメンテナンスは重要だと肝に銘じます。

病院の後、家族でお祝いに焼き肉食べにいきました。
オトンとチビスケとミニコ、幸せそうに肉を食べる私の家族w
ちょっと前まで、最悪の場合私のせいで、家族を不安にさせたり、不自由にさせたり、悲しませたりすることになるのか…って考えてたことがウソみたいで、幸せを噛み締めた夜でした。

心配してくれたたくさんの方々にも心から感謝します。
私は元気だー!

リフレッシュの旅

いろーんなことで頭がいっぱいいっぱい。
そんな時は、旅。
旅に限るのだ!

てなわけで、ふと思い立ち、小淵沢へ行ってきました。

実は7年前、チビスケの懐妊を知る直前にオトンと行く予定にしていたんだけど、チビスケの存在がわかって急につわりも始まって、やむなくキャンセルしたホテルへ、7年ぶりにようやく行けました。

そんな思い入れがあったにもかかわらず、いきあたりばったりな我が家の旅。
いつものようにほぼノープラン。写真もほとんど撮らず。。w

でも、いい気分転換になったかな。

 

マイカップヌードル



みなとみらいにできたカップヌードルミュージアムへ行ってきました。
オリジナルのカップヌードルが作れたりして、子供も大人も結構楽しめました。
ひとつわかったのは、カップヌードルの味は圧倒的にスープに支配されているということ。
当たり前と言えば当たり前だけど、各自で具のセレクトができる!と聞いて、キムチとかひとひねり考えていれた割に、結局味はいつものカップヌードルだった、というオチ。

しかし、百福氏のアイデアとそれを形にする力には敬服しました。
私もいっちょがんばらんとな!とパワーをいただきました。
佐藤可士和氏によるディレクションも一見の価値あり、なミュージアムでした。

2012節分

 

今年の鬼。
幼稚園で作ってきました。
まだクリスマスをひきずっているのでしょうか?
クリスマスな配色の鬼。

チビスケ氏、今年は鬼役も引き受けてくれました。
チビスケ鬼に思いっきり豆を投げつけるミニコのほうがむしろ鬼でしたw

551のある時

今日はオトン不在で、親子3人の休日でした。

さっむ〜!!と言いつつ、我が家からてくてく坂を上ったところにある、見晴らしのいい丘の公園へ。
幼稚園で作った画用紙の凧は、あまりの強風に破れそうだったし、風向きを読まないチビスケは凧揚げというより、凧転がしになってたけど、楽しかったからいっか。

今日はオトンが珍しくお土産ケーキを買ってきてくれました。
食欲番長ミニコは「わー」とか「きゃー」とか「けーきっ!」とか絶叫!
まさに「551のある時」な状況。
(関西人にしかわからへんw)

久々のモンサンクレールのケーキ!
しかも、初めて食べたモンブランのあまりの美味しさに、オカンも絶叫しそうでした。


 

我が道を行け

さらに受けた検査も結果がハッキリ出ず、さらに別の検査を受けるという状況になって、さすがの私のプラス思考も回らなくなってしまい、気分転換に春節直前の華やかな中華街へ。

久しぶりに手相をみてもらいました。
占いや手相や、比較的みてもらったことのあるほうだとは思うけど、いつもそんなに悪いことは言われないから、その時々ホッと安心させてもらったり、やる気をもらったりする程度。
しかし今回は、病気の相が出てるとか言われたらどうしよう?とヒヤヒヤ。
でも、私の生命線は無事だったらしく、めちゃめちゃほっとしました。
自覚してもいたけれど、とにかくストレスでボロボロ状態にはなっているらしく、今回のこともその影響ではないかと。
別にものすごく信じてる!ってわけでもないけど、物事をポジティブに捉える力が完全にダウンしていていたから、とっても救われた気がしたのでした。

ただ、ここ数年、私本来の生き方ができていないことによるストレスの蓄積みたいなことも指摘されて、改めてそうだったんだなぁと。
そして、結婚と出産を昔お世話になった大先輩に報告した時に言われた言葉を思い出したのでした。
「妻になっても、母になっても、君は君であれ。」と。

家事や育児に追われるうちに、私が私であることを我慢するのが当たり前になり、私らしさなんて曖昧なものになっていたけど、久しぶりにハッとしました。
妻だから、母だから、こうしなくちゃいけないとか、こうするべきとかじゃなくて、私はこうしたい、でもいいんじゃん。
私ははじめから妻や母だったわけじゃなく、私はまず私なわけで。
もちろんオトンやチビミニを愛し、家族の幸せを考えていれば、たぶん辿り着く先は同じこと。
行動や考えの過程を、もっと素直に変えていけば、ストレスは減るよね、きっと。

2012年の目標が決まりました。
「素直に、正直に、我が道を行け!」

17年目の運命の日

阪神淡路大震災から17年目。

去年は2ヶ月後にあんな大きな震災に見舞われるなんて想像もせずに過ごしてた。
なんとなく、大災害は人生に一度経験するぐらいのもんだと思っていて、
私の人生にもうあんな大きな震災は起きないだろうと思ってた。
だから、経験のない子供たちの世代にきちんと経験を伝えていかなくちゃ、と。
でも、そんな甘いもんではありませんでした。
311以降、大地震はまたいつくるかわからず、
それどころか、近いうちに起こるであろう確率がどんどん高まっていて。。

私は人生で何回大地震を経験するんだろう?
そして、ちゃんと生き残れるかなぁ?
今までとは違うリアルな危機感と共に迎えた17年目。

さらにこの日はドキドキすることがもうひとつありました。
年明けに受けていたある検診の結果を聞きにいく日。
でも結局、結果ははっきりとはせず、さらに検査を受けなくてはいけないハメに。
これを受けて、諸々進めていたいろんなコトに赤信号が灯って、
一旦白紙状態になってしまいました。

恐るべし、後厄ラストスパート!
厄が明けるのを目前にして、こんなにも強烈な攻撃!!
何をやってもうまくいかない時は、素直に凹むしかないな。

健康第一!
本当だなぁってしみじみ。
今まで健康優良児ってわけでもなかったけど、そんなに病弱な訳でもなかったから、健康をありがたいって真剣に思ったことなかったけど大切なことです、本当に。